チーク選びのポイント✨

「チークは何色が自分に合うのかな……?」 と思っている方、実は多いのではないのでしょうか?
顔の印象を大きく変えることができる「チーク」。

肌に血色感を与え入れ方、カラーによってかわいらしくもかっこよくも印象自由自在!

今回は、チーク選びのポイントをご紹介します。是非参考にしてみてください✨


肌色に合ったチーク選び
◎ピンク
肌なじみのよいピンク系は、ふんわりとした柔らかい印象になります。ブルーベースの人、青白さをおびた顔色の人や色白の人にも◎。ブルーベースの肌は青みが強いためピンク系を入れることで血色感がアップし、健康的で色白の肌をいっそう引き立たせます。

◎オレンジ
元気な印象を与えるオレンジ系のチークは、イエローベースの人におすすめ。日本人に多いオークル系の肌の人や色黒さん、日焼けした肌の人に似合い、生き生きとした印象になります。ブラウンに近いオレンジ系を選ぶと肌がくすんで見えるので、なるべく明るめのオレンジを選びましょう。

◎コーラル
コーラルとは、珊瑚の色に由来する、オレンジとピンクの中間のような色のことです。コーラル系の色は温かみのある印象になります。イエローベースの人やピンク系が苦手な人もオレンジが入っているのでトライする価値アリです。ヘルシーな雰囲気で肌をキレイに見せます。


ふわっとまろやかな頬が作れるパウダーチーク。
普段チョイスしないカラーを選んで、秋メイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。